初心者のためのリードの買い方【バスクラリネット編】

リードとは?

そもそもクラリネットとは「リード楽器」と呼ばれる種類で、リードをリガチャーでマウスピースに固定し、マウスピースとリードの間から息を吹き込み音を鳴らします。リードは葦(あし)と呼ばれるイネ科の植物。この葦は英語でreed(リード)と呼ばれ、楽器のリードの語源もこの名前からきているんですね。ちなみに、バスクラリネットは普通のクラリネットに比べリードが一回り大きいのが特徴。

本記事はバスクラリネットだけでなく、リード楽器全てに通用する話です。楽器ごとにそこまで違いはないのでご安心ください。それではどうぞ!

リードを選ぶときの注意点!

リードの硬さ

リードを購入する際に注意すべき点は箱の上側の数字!3・1/2など数字が書かれているのが分かるでしょうか。これはリードの硬さの度合いで、数字が大きくなれば硬くなっていきます。柔らかいほうが抵抗が少なく、硬めの方が鳴らすために息が必要になってきます。

初心者の場合、硬いリードでの演奏は難しいと感じることがほとんど。まずは薄めの2・1/2または3のリードを選ぶといいでしょう。特にバスクラリネットは息の量がたくさん必要になってくるので、はじめは吹き心地を重視した方がいいかもしれません。

慣れてくれば徐々にでいいので色々な硬さのリードに挑戦し、自分の演奏を研究していくといいでしょう!

(参考)番号と硬さのまとめ

番号硬さと音色
2とても柔らかく、かなり音が鳴りやすいが、音色の特徴は薄く、濁りやすい。
2・1/22と3の中間の柔らかさで、ほどよい硬さが初心者におすすめの理由。音も出しやすいが、音色は薄め。
3音が少し出しづらくなるが、音色はマイルドで優しい。初心者には少し硬めに感じる。
3・1/2硬め。抵抗感を感じるほど音が出しづらくなるが、音色は最もスタンダードで素直なな音。

この硬さはメーカーやシリーズによっても差があり、あくまで目安です。バラ売りしていることもあるので、色々試奏してみるのもいいですね!次で定番のリードを3つ紹介しているので、買う時の参考にしてみてください。

定番リード3選―初心者にはやっぱり定番を

「楽器屋に行くと色々なリードがあってどれがいいか分からない・・・」そんなアナタに本記事では定番とされているものを3つご紹介します。

①Vandoren : Traditional

リードの老舗メーカー・バンドレンから発売されており、超定番と言っていいほど評判のリード。長く高い評価を得ており、通称「青箱」。学校の吹奏楽部でもこのリードを扱っていることが多いほどスタンダードなリード!ある程度の息の強さに耐えられ、かなりタンギングがしやすい。様々なジャンルで使えます。これ買っとけばまあ間違いないでしょう!

②Vandoren : V12

これもTraditionalと同じく人気かつ定番のリードで、通称「銀箱」。Traditionalに比べ柔らかい響きのある音色が特徴。しかし音量はTraditionalの方が出しやすいので、これに慣れてからV12の方を使う人が多いです。

③Vandoren : 56 RUE LEPIC (56 ルピック)

これも定番で通称「黒箱」。プレミアムリードとされており、落ちついた丸みのある音色でクリアな音を出すことができ、特に中級・上級者の方の間で人気があります。

リードには当たりがある

「リードを買ったぞ!さあ練習だ!」・・・とその前にこれを是非知っておいてほしいです。リードというものは繊細で1枚ごとに違いがあり、買ったリードは全て「使えるリード」とは限らないんです。そこで「当たり」と言われるリードを選んで演奏する必要があります。

当たりを選ぶ最重要ポイントは、どの音域も均等に鳴るかどうか。まずリードを少し湿らせてから全部一通り吹いて確認しましょう。その上で息が入りやすく重すぎず、楽に吹けるリードを選ぶのがいいですね。

以下の動画でも、当たりかどうか確認しているのが分かります。

保管についての注意点!

演奏後はリードケースで保管しよう!

是非リードとともにケースも購入しておきましょう!これでリードを常に良い状態で長く使うことができます!事前にリードについている水分をガーゼやタオルなどで優しくふき取っておきましょうね。リードは片付けるときにしっかり保管しないと、反ったり波打ったりしてしまうんです。次の日の練習で吹けないということがないようにしたいもの。またリードケースは様々なデザインのものがあるので、選ぶのが楽しいですよ!

「モイスレガート」を使って保管

できればケース内の保湿のため、「モイスレガート」を使って保管しましょう。リードは湿度に敏感で傷みやすいのです。その点モイスレガートは優秀で、ケース内の湿度が多いときは水分を吸収し、少ないときは加湿をしてくれるのです。常にケース内の湿気を40~60%に保ってくれます!

当たりリードのローテーションを組もう!

リードの寿命は約1ヶ月とされています。最低3枚の当たりリードを見つけ、1日ごとにローテーションを組みましょう。順番がわからなくなる場合はリードの裏に日付や番号を振っておくと分かりやすくなります。最高のリードを最高の状態で使うためにもローテーションは欠かせません!

まとめ:初心者のためのリードの買い方【バスクラリネット編】

・リードは葦(あし)と呼ばれるイネ科の植物からできており、消耗品。良い演奏には正しい使い方が大切。

・リード選びで気をつけるべき点は硬さにあり!初心者には薄めの2・1/2または3がおすすめ!購入に迷ったら定番のものを選ぶのが無難。また、リード1枚ごとに良し悪しがあるので、「当たりリード」を見極めよ!

・リードを常にいい状態で長持ちさせるためには保管の仕方も重要!保湿のため「モイスレガート」を使ってリードケースできちんと保管しましょう!また、リードのローテーションを組むと複数のリードの管理がしやすい!

以上で、リードの購入についての説明は終わりです。新しく吹奏楽部に入部を考えていて、かつバスクラリネットをはじめとするリード楽器を希望している学生さんは初めてのことで色々と迷うことも多いかと思いますが、是非、本記事を参考にしていただけたら幸いです。

リードをきちんと扱うことができればこのような演奏だって夢ではありませんよ!